スピンサーブ簡単修得法

スピンサーブは初心者にとって非常に打ち方がイメージしづらいショットです。

スピンサーブを打ちづらくしている様々ありますが一つはボールの当て方でしょう。ここを理解していないといくら一生懸命スイングしても一向に上達しないでしょう。

今回はスピンサーブが全く分からない人へ、スピンサーブの導入として簡単かつ有効な練習方法について述べたいと思います。

スポンサーリンク

スピンサーブが打ちやすい握り方

まず最初にやるべき事はグリップを変えることです。

サーブは通常コンチネンタルグリップで握りますが、スピンサーブはバックハンドイースタンくらいで握る方が打ちやすいのです。

これはなぜか、ラケットをバックハンドイースタンにすることでラケットと腕に角度が自然とつきます。

この角度を保ったままサーブのスイングをしてみましょう。

そうすると、ラケットに角度がついた分ラケットがかなり下側のほうから出てくるようになりませんか?スピンサーブではこのボールの下からラケットを振り出す意識が大切です。

ラケットと腕の角度が甘い人はスピンサーブを打とうとしてもスライスサーブになってしまいので、どうしても打てない人はまずラケットの握り方を変えてみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

スピンサーブ練習法

では実際にボールを打ってみましょう。以下に練習方法の手順を載せます。


1.まずベースラインに横向きに立つ。
2.次にバックハンドイースタンでラケット握り、トロフィーポーズを作る。
3.ボールを頭の上にトスアップし、ボールを下から上に擦り上げてサーブを打つ。


3番で注意してほしいのは、ボールを薄く当てる意識をしっかり養うことです。

いつもの軌道で地面に直撃orネットにするようでしたら、そのスイングは大正解。

難なくネットを超えちゃう場合は厚く当たりすぎです。ラケットとボールがいい音を出さないようにスイングしていきましょう。

ネットを超えない薄い当たりの感覚を覚えたら、ネットを越すように、打ち上げてみましょう。

上手くスピンがかかっているとバウンド後にほんの少しだけ跳ねます。(腕だけのスイングなので強烈にはかからない)

もしスライスっぽい軌道ならばスピンが掛かるようになるまでひたすら練習です。当たりの厚さ、トスの位置、当て方を見直してみてくださいね。

ここから本当に使えるスピンサーブにするためにはさらに改良が必要ですが、取りあえず導入としてはここまでで充分。

まずはスイングをよりシンプルにして当て方を徹底して覚えこませましょう。

最後に、当て方が分かるけど跳ねない人はこちらの記事もご参考ください。

関連記事:跳ねるスピンサーブが打てない理由

それでは!

スポンサーリンク

関連記事