ダブルス ネットプレー、ボレーのコツ

ダブルスでは

基本的に前衛というネット前に立つポジションがいるのでネットプレーが多くなります。

前衛の役割はストレート方面に来たボールの対処とセンターよりのボールをポーチしてポイントを決める必要があります。

前衛で必要となるスキルはボレー決定力。できることならなるべく触ったボールは一発で決めるのが好ましいです。ボレー決定力はダブルス巧者とダブルスが苦手なプレーヤーの違いがはっきり出るところでしょう。それだけダブルスのボレーには特別な動きが必要だからです。

では実際どんなところを意識すればボレー決定力を上げることができるのでしょうか?

今回はダブルスにおけるボレーを決めるコツについてです。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ダブルス試合巧者のボレー3つの特徴

ダブルスが上手い人はどのようなところに注意してポイント獲得率を上げているのでしょうか。

大事な要点が三つあると思います。

甘いボールにしっかり詰めてネットの前のスペースを有効に使える人

甘いボールをネットにしっかり詰めてアングルボレーを打ったりドロップボレーを打てる人。これをしっかりできる人はダブルスが上手いです。

トッププレーヤーの決めのボレーを見ても、甘いボールに対してはのすごくネットに近づいてボレーしてしているのが分かります。こちらの動画を見てみましょう。動画はブライアン兄弟がポーチでオーバーネットしてしまう動画

提供元:ATP world tour公式

これはミスで相手のポイントになってしまいますが、そもそもネットに詰めて決める意識がない人にはこのようなミスは生まれないと思います。オーバネットはいけませんが緩い相手のチャンスボールをネットギリギリまで詰める意識はとても大切ですよ!

相手のラケット面を見て次に来るボールをしっかり予測できる人

相手の構え方、モーション、ラケット面を見てポーチに出来そうか判断できる人は強いです。

関連記事:ポーチに出るかは「相手の体勢」で決めろ!

上の記事にも書きましたが

ポーチに出るか出ないかをすべてギャンブルでやる人はダブルス巧者とは言えません。(たまにやるのはいいんですけどね)

例えば相手の構えが

しっかり構えてる・・・ストレート、クロス、ロブ全部ある
振り遅れてる・・・強いクロスボールは来ないからポーチに出れるかも!
スライス面を作っている・・・ロブが来るから少し後ろに下がる

など状況によってポーチに出るのか出ないのか、そして少し下がってスマッシュで待ち構えるべきなのかを決めます。

この正しい判断力ができるかどうかがポーチ力を決めます。

普段から相手の構えをしっかり見るクセをつけましょう。相手の動きを見れば相手の次の一手が少しづつ見えてくるようになりますよ!

つなぎのハイボレーを丁寧に打てる人は強い

ボレー慣れしていない人にありがちなのが、簡単なロブに対してのハイボレーをネットミスしてしまうという人。

恐らくダブルスのハイボレーをミスしてしまう人はネットとの距離感が分かっていない人が多いです。

実はあなたが立っている位置はネットから結構離れていることが多いのです。慎重に面を維持してボールを運ぶイメージでハイボレーを打ってみましょう。

ハイボレーでミスが減ると相手が感じるプレッシャーも全然違います。繋ぎのハイボレーは相手コートに深く返すことを心がけましょう。

もしハイボレーでアウトミスが多くて困っている人はこちらの記事が参考になるかもしれません。

関連記事: ボレーでのラケット面の作り方、向き、ラケットセット

是非ご参考頂ければと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回はダブルスのボレーが苦手な人に対して心がけて欲しいポイントについて書きました。

要点は

✓甘いボールはネットにギリギリまで詰めてボールを打つ
✓相手の動きを見てポーチに出れるか判断する
✓ハイボレーが意外と難しいので慎重に打つこと

大切なのはボールに対する判断力。ここが重要になってきます。

判断力を養うのは沢山ダブルスをこなすことが第一かと思いますが、まずは「ダブルスのボレーは何が重要か」をしっかり意識すればあなたのダブルススキルはぐっと伸びるはずですよ!

今日はこのへんで。それでは!

スポンサーリンク

関連記事