回りこみフォアハンド対策 崩すポイントとは?

トーナメントを勝ち上がると、必ず当たるのが強力なフォアハンドを持つプレーヤーでしょう。

フォアハンドストロークは試合では使用頻度がとても高いショット。フォアハンドが強ければそれだけ試合の主導権が握れるし、勝ち上がってくるプレーヤーはそういうタイプが多いはず。

フォアハンドが強いストローカーが特に上手いのが回り込みフォアハンド。このショットは広角に打つことができるのでかなり厄介なショットですよね。

バックハンドはスライスだけで大したことない。なのに、全てフォアハンドに回り込まれてことごとく打ち込まれてしまった…誰もがある経験だと思いますし、この記事を読んでいる方は何かしらの対策が必要と感じているはず。

そこで、今回は回り込みフォアハンドの対策について書きたいと思います。回りこみフォアハンドに上手く対応できるプレーヤーになれれば、真の強者プレーヤーになれますよ!

スポンサーリンク

回り込みフォアハンドの隠れたポイントソースは?

まず回り込みフォアハンドのポイントソースについて。強みはしっかり体を捻ってコースを隠した状態から、逆クロス、ストレートに打たれる強力なショット。打たれたプレーヤーは読めないコースから反応が遅れ、フォースドエラー、あるいはエースを奪われてしまいます。

これ以外にも実は回り込みフォアハンドを打つことによって大きなメリットがあることを知っていますか?

まずはあなたが回り込みフォアハンドを打たれる側になって考えてみましょう。あなたは回り込んで来るプレーヤーに対してどう対応しますか?大抵の人はバックハンドに厳しいコースに打ち、回り込ませないようにすると思います。ここに落とし穴があります。

回り込みがうまいプレーヤーはバック側に打たれたボールの処理はとても上手いのです。なので、大抵のボールはうまく回り込まれてしまいます。そのため、より厳しいコースに打とうとして、その結果あなたのほうがミスをしてポイントを献上してしまうということです。

回り込むことによって相手にプレッシャーが掛かる。打たせないようにバックに厳しいコースを狙いミスをする。実は回り込みフォアハンドには結構メリットがある強力な戦術なんですね。

フォアサイドへの切り返しの質がキーポイント

では、その回り込みフォアハンドにどう対応するのか?そのためにはまず回り込みフォアハンドの弱点について考えてみましょう。

このプレーの最大のデメリットはフォアサイドにオープンコートができること。ここを狙わない手はありません。なので、回り込み対策は回り込まれた時にストレートに上手く切り返すショットがどうしても必要になってきます。

トッププロであるジョコビッチがフェデラーに勝てる要因はフェデラーの回り込み逆クロスに対して、バックのダウンザラインを精度良く打てるからです。バックハンドダウンザラインはジョコビッチの大きな武器ですからね。ゆえにフェデラーは得意とする回り込みフォアハンドで主導権を握れず、ベースラインにくぎ付けにされてしまうのが負けパターンでした。

ただ、バックハンドのダウンザライン切り返しは言わずもがな難易度が高いです。この点については練習が必要ですが、まず安全な返球方法として、一つのショットを習得してほしいと思います。

逆クロスに対して、バックハンドスライスをストレートに流す練習をしよう

回り込みフォアハンドから放たれるボールは基本的に逆クロスが多いです。これは逆クロスのほうがリスクが低く、かつ攻撃的に打てるためですね。

攻撃的な逆クロスに対しての返球は無理にコースを狙わず、センターセオリーでも良いですが、そればかりだと返球が読まれますよね。なので、何球かに1回は難易度の低いスライスボールをストレートに打ってみてください。

ストレート方向にスライスが打てると相手のフォアハンドの低い打点で打たせることができるので、ペースが無くても攻め込ませれることが少ないです。また、回り込みフォアハンドプレーヤーはバックサイド側に構えているのストレート方面に低いボールが来ると攻撃的には打てないのです。このボールが打てて上手く散らせるようになると相手は沢山動かなくてはなくなるので回り込みフォアハンドを打ちづらくさせる効果があります。

繰り返しになりますが、回り込みフォア対策はストレートへの切り返しが必須です。ダウンザラインにライジングで切り返せれば間違いなくエースになりますが、難易度が高いのです。まずはスライスボールをストレートに流すボールを打てるようになってくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は回り込みフォアハンドが強いプレーヤーの対策について書きました。

要点は

✓回り込みフォアハンドは試合の主導権を握れる。
✓打たれたプレーヤーは回りこませないようにバックに厳しく打つ。その結果ミスしてしまう
✓回りこみ対策は弱点であるフォアサイドを攻める必要がある。
✓まずはフォアサイドにスライス系が打てるようになると攻撃されづらくなる!

以上になります。回り込みフォアハンドはシングルスにおいてかなりスタンダードな戦法。しっかり対応策を練って対峙したときも慌てず対処できるようにしましょう!

今日はこのへんで。それでは!

スポンサーリンク

関連記事