テニス メンタルトレーニングの勉強をしよう!

こんばんは!タクです。今回は最近僕の中で流行りのメンタルの強化について書きたいと思います。

スポーツは「心・技・体」と言われるようにメンタルというファクターはとても重要です。大舞台で普段以上の力を発揮する。大事なポイントでぐっと集中力を上げる。メンタルが強ければどんなに試合が楽だろうかとそう感じますよね。

でも「メンタルを鍛えるためにはどうやったら良いんだろう?」と思う人は結構多いはず。僕も最初はメンタルって意図的に鍛えるものじゃなくて、「シンドイ練習をやりまくったら勝手に身につくんじゃないの?」そのくらいざっくばらんに思っていました。

だけど、ここ一年くらいメンタルトレーニングに関する書籍を読んでたのですが、「どうもメンタルは自分で鍛えることができるらしい」
と感じるようになってきました。

僕もまだまだ勉強中なのですが、ぜひ皆さんにもオススメしたい書籍などがありますので、少しでもこの点に疑問に思っている人はお付き合いください!

スポンサーリンク

そもそもメンタルが強いってどういうことなの?


まずメンタルが強いこと、の意味を明確にしておきましょう。

「メンタルが強いこと」とはずばり、

✓本番の試合でも普段通りの力が出せる
✓大事なポイントで集中して良いプレーができる

だと思います。(冒頭でも書きましたが)これらができるようになると客観的に「メンタルが強い人だなぁ」と思いますよね。

この定義については僕も勉強する前からなんとなく把握していましたが、これは「毎日テニスを沢山して試合をこなす百戦錬磨のプレーヤーだからこそできるもの」だと思っていました。でもこの固定観念はメンタル心理学関連の本を読んで覆りました。スポーツ心理学関連の本によると、ちゃんと普段通りの実力を発揮するためのメソッドがあるということが分かりました。

メンタルトレーニングにオススメの本

以前からなんとなくスポーツにおけるメンタリティに興味がありましたが、本を買ったことがなかったので「まずは勉強することから始めよう!」という事で大型書店へ行って本を漁り、読みやすそうなこちらをまず読みました。

まず一言目の感想は「え、なんで今までメンタル面をないがしろにしてたんだろう…」という気分になりました。自分が、思っている以上にスポーツにおけるメンタル面は重要で、かつメンタル面はそれ独自で鍛える必要があるということに衝撃を受けましたね。

色々書きたいことが沢山あるのですが、ここには書き切れませんので一部抜粋すると

✓最大限にパフォーマンスを発揮するメンタルの状態
✓普段通りの力を発揮するために重要なルーティンの作成
✓ゾーン状態に入りやすくなる方法

等が書かれており、形容しがたい人間の精神の部分を上手く文章化していてとても面白かったです。その他メンタル関連の本は沢山あるとは思いますが、こちらの本は読みやすくてオススメです。

スポンサーリンク

メンタルのトレーニングはまずメンタルについて「知る」ことだと思う

過去の僕を含めて、大抵のテニスプレーヤーはボールの打ち方やフォームなどには興味があってもメンタル面については無頓着な人が多いのかもしれません。

でも、競り合ってギリギリで負けた大切な試合や、緊張しすぎて手も足もでなかった試合などでは、どんなテニスプレーヤーでも「あそこで集中しなおせる強いメンタルが欲しい…」とか「大きな試合で緊張しないようになりたい…」と思うシチュエーションはあるはず。でも、肝心のメンタルについては向き合わず、「ひたすら練習する!実戦を積む!!!」とやや短絡的に考えている人が多いようです。

そういう人はまず、メンタルトレーニングに関する書籍を読むことを強くオススメします。思っている以上にメンタル面にないがしろにしているという気付きが必ずあると思いますよ!

僕も今後もメンタルに関する本を沢山読みたいと思っていて、メンタル関連の書籍は物色中です。今は少しレベルアップしてこうゆうちょっと難しそうな専門書に挑戦したいと思います!

 

更に強いテニスプレーヤーになるために、一緒に勉強していきましょう!

スポンサーリンク

関連記事