テニスシューズ おすすめメーカーは?

テニスシューズ、しっかりと自分に合ったもの選んでいますか?

テニスは足ニスとも呼ばれるスポーツですのでフットワークはとても大切。その為にも選ぶシューズにはこだわりたいもの。

僕はテニスシューズは結構こだわりを持っていて、今まででメーカーを試しています。軽いものや安定感のあるもの、靴紐が特殊なタイプやソールのパターンが複雑なものetc…

なぜこんなに沢山試したかというと、実はテニスシューズのソールってあんまり持たないからです。ガットと同じでオイシイ時期が意外と短い。ヘビーユーザーなら4ヵ月に一回くらいは変えたほうが良いと思っています。

僕もテニスシューズは沢山試して見ましたが、今では「自分はこのテニスシューズが一番だな!」と言うのを見つけました。なので今のチョイスに対しては絶対の自信がありますし、やっぱり安心感が違います。

テニスシューズ選びの基本中の基本は「自分の足に合ったもの」が大前提かと思います。この点は運動靴の選び方とほぼ同じです。しかし、ひとくくりにテニスシューズと言っても、ひと昔前に比べたらかなり進化したといえます。人間工学の知識や新素材の開発により、より速く、かつ安定感のある素晴らしいテニスシューズが沢山出ていますからね。

沢山ある商品の中で各メーカーの特徴をちゃんと理解し、自分に合ったメーカーを見つけるのがとても大切です。が、やっぱりいちいち買うのは大変ですよね。そこであくまで僕の主観も多少入りますが、テニスシューズメーカーオススメ3選を書きたいと思います。

一つの意見としてテニスシューズ選びの参考にして頂けたらと思います!

スポンサーリンク

第3位:ヨネックス


ヨネックスですね。お馴染みの日本メーカー。

ここのメーカーのいいところは軒並みクッション性が優れており、足の負担をしっかり軽減してくれる点。筋膜炎などの足に関する怪我を未然に防いでくれる足にとても優しいシューズを販売してくれます。

ここのメーカーの押しポイントはパワークッションというテクノロジー。メーカー曰く、7mの高さから生卵を落としても割れずに4m跳ね返る、実証された衝撃吸収力と反発力!だそう。確かにこのシューズを履くと足の負担が軽減されるので結構万人受けするシューズだなという感じです。

ハイエンドシリーズは主に3種類。安定感のあるストローカータイプのモデルがエクリプションシリーズ、フィット感を最も重視しているのが、フュージョンレブシリーズ、ネットプレーヤー向きなのが、エアラスダッシュシリーズですかね。色々なプレーヤーにあったシリーズを取り揃えているのも魅力ですね。

オールコート用

オールコート(ハード)用はこちらになります。(商品名にACとついているものがオールコート用。)

オムニクレー用

オムニ・クレーコート用はこちらになります。(商品名にGCとついているものがオムニクレー。)

その他注意点

ECLIPSIONとFUSIONREV2にはレディースタイプがありますのでご注意下さい。レディースの場合は商品のコード、AC、GCの前にLと書かれています。上記のリンクはメンズなのでMと書かれています。

レディースタイプはこちらから。

・オールコート用
[ヨネックス] YONEX テニスシューズ POWER CUSHION ECLIPSION L AC SHTELAC 148
[ヨネックス] テニスシューズ POWER CUSHION FUSIONREV2 LAC SHTF2LAC
・オムニクレー用
[ヨネックス] テニスシューズ POWER CUSHION ECLIPSION L GC SHTELGC 027 サックス
[ヨネックス] テニスシューズ POWER CUSHION FUSIONREV2 LGC SHTF2LGC

またAERUSDASH には幅狭、幅広タイプがあり、AG、GCの前に表記されています。幅狭タイプはS、幅広タイプはWです。上記リンクはスタンダートタイプになります。
幅狭タイプ
ヨネックスPOWER CUSHION AERUSDASH S AC
幅広タイプ
ヨネックス POWER CUSHION AERUSDASH W AC SHTADWA ブラック

第2位:ディアドラ

あんまり聞きなれないメーカーかもしれませんけどね、サッカシューズなんかは結構作っているメーカーですね。

ここのメーカーの特徴は何といってもソールパターンが精巧なんですよね。とにかくしっかりとしたゴムソールがつま先あたりまでパターニングされているので、前方へのダッシュなんかはかなりやりやすいシューズでした。

またソールの中に金属が入っており、適度な剛性を持たせているのもプラスポイント。かなり激しい運動にもシューズがしっかりついてくれるような印象をもちます。SG S.STAR K シリーズはレザー系の素材で過去にこのモデルは履いていました。履くにつれてフィット感が増していくのが良かったですね。S.BLUSHIELD AG は安定感を求めたモデル。価格帯からも恐らくディアドラが最も推進しているフラッグシップモデルですね。 S.COMPETITION 3 シリーズはダニエル太郎が着用しているモデル。軽量化に特化したタイプですね。

ディアドラは性能も然りですけど、デザインがかなり良いです!!履いている人もあまりいないので結構うらやましがられますよ!

オールコート用

オールコート用は商品名にAGと書かれているものになります。ソールがイボイボになっていないことも要チェックしてくださいね。

オムニ・クレー用

SGという表記がある場合はオムニクレー用です。ソールパターンがイボ付きのタイプ。

その他注意点

レディースタイプは表記にWが入っていますので要注意です。

レディースタイプはこちらから。

・オールコート用
[ディアドラ] S.PRO EVO II W AG ブラック/シルバー
[ディアドラ] テニスシューズ S.BLUSHIELD 2 W AG
[ディアドラ] S.STAR K V W AG ホワイト/ブラック

オムニクレーはこちら。

・オムニクレー用
[ディアドラ] S.PRO EVO II W SG ブラック/シルバー
[ディアドラ] テニスシューズ S.BLUSHIELD 2 W SG
[ディアドラ] S.STAR K V W SG ブラック/ホワイト

第1位:アシックス


いやーここのメーカーは本当に素晴らしい。僕の最終的に行き着いたメーカーがアシックスでしたね。海外のプロもこぞってアシックスを履きたいと思う方は多く、モンフィスやゴファン等、フットワークの良い選手がアシックス愛用者です。

このメーカーの特徴はまずゴムソールが柔らかめでしっかりとダッシュ&ストップがかなり安定しますね。これが滑りやすいオムニコートだとかなり安定感があるので、しっかりと地面からパワーを貰ってショットを打つ事ができるんですよね。それだけ絶対的な信頼感を持てるテニスシューズを作っているのがアシックスです。

ハイエンドモデルは二つのタイプを販売し、ゲルレゾリューションシリーズは安定感があるモデル。素材がほんの少しだけ伸びる樹脂系の素材を使っているので足にフィットしやすい。ゲルソリューション スピードシリーズはメッシュが多く、軽量化されて軽快なフットワークを実現します。FF courtシリーズは新たに出たハイエンドモデル。特殊素材で安定感と軽量化を実現させたモデルみたいですね。

日本人の足型にしっかり合った型で作られているのでアシックスを履いて靴擦れした人はあまり聞かないですね。それだけ日本人のことをしっかり考えているメーカーなので一番オススメです!!

オールコート用

全てのサーフェースで使いたいならばこちらから。OCという表記がないものを購入してください。

オムニ・クレー用

上のリンクはハードコート用になります。オムニ・クレーコート用は商品名にOCが入っています。コートFFについてはオムニクレー用は販売されていないみたいですね。

その他注意点

ゲルレゾリューションとスピードにはレディースタイプがあります。商品名にLADYが入っているのでわかりやすいかと思います。

レディースタイプはこちらから。
・オールコート用
[アシックス] テニスシューズ LADY GELRESOLUTION 7 OC ディーバピンク/インディゴブルー
[アシックス] テニスシューズ LADY GEL-SOLUTION SPEED 3 アクアスプラッシュ/ホワイト

・オムニクレー用
[アシックス] テニスシューズ LADY GEL-RESOLUTION 7 ホワイト/アークティックアクア
[アシックス] テニスシューズ LADY GEL-SOLUTION SPEED 3 OC ルージュレッド/シルバー

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回はテニスシューズのオススメメーカーについて書きましたが、参考になりましたでしょうか?

テニスシューズで選ぶべきポイントとしては
✓自分の足の形状に合っていること
✓軽さと安定感のバランス
✓デザイン

でしょうかね。

まぁテニスシューズは特別足の形状が変わっていない限り、大抵のものはしっくりくるはず。(ナイキだけやや幅が狭いので要注意!)ネットプレーヤーは軽いもの、ベースラインプレーヤーは安定感があるものを使うのがオススメです。まぁテニスシューズの失敗はラケットほど痛くないので、ある程度は冒険して履いてみて、自分にあったメーカ-を探していくのが一番大切かと思います。

是非、自分のプレーに自信がみなぎってくるテニスシューズを選んでくださいね!

今日はこのへんで。それでは!!

スポンサーリンク

関連記事