テニスシューズ オムニクレー用 オールコート用の使い分け

この記事で分かること:オムニ・クレー用とハードコート用のテニスシューズの使い分け方について


皆さんはオムニ・クレー用とオールコート用のテニスシューズをちゃんと持っていますか?

テニス初心者ならばまずオールコート用で十分かもしれませんが、さらに上達を目指すなら、どちらのシューズも持っていると様々な場面に対応することができます。

今回はそれらのシューズの使い分けについてです。

スポンサーリンク

オムニクレー用とオールコート用シューズの違いとは

まず、オムニクレー用とオールコート用シューズの裏側を見てみましょう。

両者の裏側のグリップ部分の違いは

オムニ・クレー・・・溝が深く、イボ状のゴムソールでできている。
オールコート用・・・溝が浅く平面的にできている。

これによって変わるのはグリップの効きやすさ。オムニ・クレー用シューズのほうが、スライドした時に止まりやすいのです。

オムニコート、クレーコートは滑りやすいのでそれらに適したシューズはグリップが効きやすい構造をしています。

一方、オールコート用はというと

オールコート用はグリップの効き方がマイルドですので最適なコートはもともとグリップが効きやすいハードコート。

ただ、オールコート用というその名の通りオムニ、クレーでも使用することができます。ただグリップ力が弱いので激しい動きをする人にとっては滑ってしまうこともあります。

従って、テニス始めたての初級者はますはオールコート用シューズのみでOKで、フットワークの激しいプレーヤーはオムニクレー用とオールコート用どっちも持っておくのが一番良いでしょう。

スポンサーリンク

最適じゃないコートで使うとどうなるの?

オールコート用に関してはオムニ・クレーで使ってもそこまで問題がありません。

しかし、前述するようにグリップが効きづらい分、切り返しで滑ったり、地面からパワーが貰えず良いストロークが打てなくなる事があります。

一つ注意して頂きたいのはオムニやクレーは砂の量で滑りやすさが変わるため、かえってオールコートの方がやりやすい時もあります。

始めて行くコートには2足持って行くのが無難でしょう。

一方、オムニ・クレーコート用シューズをハードコートで使うと二つの懸念があります。

一つはグリップが効きすぎて捻挫してしまう可能性です。

ハードコートではグリップ力が強い分、足首に負担が掛かりやすいということを覚えておきましょう。

もう一つの懸念はテニスシューズの寿命がかなり縮まります。

テニスシューズが何故グリップが効くのか、というとゴムソールの摩擦によってグリップを生み出しています。

摩擦が大きいとそれだけゴムソールはすり減りやすくなります。その結果簡単にグリップ力を失ってしまうのです。

オムニクレー用シューズを大切にしたいのなら、ハードコートではオールコート用シューズを履いてくださいね。

今日はこのへんで。

それでは!

スポンサーリンク

関連記事