テニス シングルス オムニコートでの戦術

オムニコートとは

いわゆる砂入り人工芝のことで、日本では大半のテニスコートがこのタイプです。皆さんもおなじみですね。

コートにはそれぞれ、ハードコート、クレーコート、オムニコートの三種類がありますが、このコートはメンテナンスが簡単で、体にも優しいコートであることから、一般プレーヤーにも非常に人気があるコートです。実際、オムニコートでプレーした後にハードやクレーでプレーするとその差にびっくりするかもしれません。それだけオムニコートはある意味特殊なコートと言えます。

ちなみにこれだけオムニコートが普及している国は日本だけだそうです。実はこのオムニコートしかないという環境も残念ながら国内のプロが育たない原因として挙げられてもいます…

それはさておき、日本国内の大半がオムニコート、ということはオムニコートにおける有効な戦術を知っておけばそれだけ勝率があがるのは間違いありませんね。

今回はオムニコートの特徴であったり、オムニコートで有効な戦術について書きたいと思います。参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

オムニコートの特徴

ではまずオムニコートの特徴をについて簡単に説明したいと思います。

オムニコートの特徴は

✓ボールの威力が地面に吸収されやすく、ボールの威力が弱くなり易い。
✓スライドフットワークがやりやすいため、コートカバーリングし易い。
✓ボールは跳ねずに滑る(or止まる)のでスライス系が有効

一言で言うと「とにかくラリーが続きやすいコート」ということです。ボールの威力が柔らかい砂と芝生で程よく吸収されてしますのです。それ故に一般プレーヤーにとって人気があるコートなんですね。

また、クレーコートと同じようにスライドフットワークというのも使えます。これはいわばスライディングしながらボールをキャッチする技術でコートカバーリング力を上げるテクニックです。

関連記事:オムニ、クレーでのスライドフットワークのコツ

トップスピンもそれほど跳ねないため、クレーと比較するとトップスピンの球威で押しにくいコートになります。従って、単純にハードヒットするのではなく、ボールの高さ、回転量、コース取り駆使してじわじわと追い詰めていくようなプレーが必要になります。

ではどういったプレースメントがオムニコートでは効くのか一緒に考えていきましょう!

オムニコートで有効な戦術

先ほどオムニコートではトップスピンが跳ねにくいといいましたけど、ではスライスやフラット系はどうでしょうか?実はオムニでは低いボールは低く滑ってくれるコートなんです。

あなたのまわりのプレーヤーを見てください。意外とバックハンドをスライスで打っている方って多いと思います。またオムニで育ったトップジュニアが海外勢の高く跳ねるトップスピンで苦労しているのもオムニでは低いボールをメインに戦うのが有効なんですよね。

ちなみに完全に国内で育った日本のトッププロである添田豪選手も低い軌道をベースに戦うタイプです。

トップスピン系のボールはよほどのスイングスピードがないとオムニでは効果を発揮してくれません。トップスピンは速いスイングスピードがあって始めて成り立つショットで楽に滑るスライスを打って方が有効な事も多いんですよね。

そこであなたもオムニコートでは低いフラット系、スライス系のボールも使っていくことをお勧めします。もちろんあなたがトップスピンストローカーなら極端に変える必要は全くありません。ただ、チェンジオブペースとしても、決め球として低いボールはかなり有効だということを把握しておきましょう。

関連記事:テニス チェンジオブペースの方法、タイミング

特に二つの有効な低いボールについてご紹介します。

チップスライス

簡単に言うと球足が短く、あまり伸びてこないスライスのことです。

チップスライスのプレースメントはやや浅め(サービスラインより少し後ろ)に打ちます。要は短いスライスなので技術的には通常のスライスよりフォロースルーを短くすることを意識すると意外と簡単に打てます。但し、この時に決して山なりに打つとそれはただの甘いドロップショットになってしまうのでとにかく低く低く抑えるのがポイントです。

上手く体勢を崩せればチャンスボールが来ますし、そのボールを苦し紛れにスライスアプローチで処理されても厳しいボールは来ないはず。落ち着いて対処すればポイントを取れますよ。

軌道の低いアングルショット

アングルショットの基本はトップスピンを強烈に掛け高い軌道で打つことで確実に相手をコート外に追い出すがセオリーです。が、

>跳ねないオムニでもう一つ覚えて欲しいのが、軌道の低いアングルショット。

あえてネットをギリギリ超すくらいの低い軌道でアングルショットを打ってみると届きにくいボールになってそのままエースになることもありますよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回はオムニコートの戦術について書きました。

要点としては

✓オムニはボールの威力が吸収されやすくラリーが続きやすい
✓有効なショットは低いボール。チップスライスと軌道の低いアングルショットはかなり効く。
✓自分のプレースタイルは大切にしつつ要所要所で有効なボールを使ってポイントを重ねよう!

一つ大事な事を言うとすれば、オムニコートで有効なショットを学ぶのは大切ですが、どのサーフェースでも通用するレベルのテニスを身に着けることもとても重要です。

なのでこの記事は参考として捕らえて貰って結構ですが、基本的には自分のプレースタイルをベースに考えてください。ただ、例えばあなたが自分のプレースタイルでどうしても勝てないときやどうしても取りたいゲームでここに書かれたような引き出しを使えるようにはしておきましょうね!

今日はこのへんで。それでは!

スポンサーリンク

関連記事